2018年3月

ブログ

売るなら今⁈ 買うなら今⁈

私が勤め人の頃に『建築条件付土地」を売ってお客様のオーダー住宅を建てる仕事をしていたんですが、95%のお客様は住宅ローンで購入します

その際に変動金利か、固定金利か、を悩まれ住宅ローンを組まれるお客様100%から相談を受けます。当時短期プライムレート1.8〜2.375%(14.5年前)
ただ、営業としては言ってはいけない言葉があります。「金利下がりますよ、固定金利⁈ありえないっス」とは言えません。万が一金利が上がり、責任とって!と言われてしまうのはNGですし、契約がしたいがための誘導と判断されると契約が全て無効になっちゃいますからね。
ただ、「私なら変動金利ですかね、5年後の短期プライムレートは誰にも分かりませんが支払いが上がってもMAX1.2倍ですし…」と。
あの頃のお客様にはそれとなく相談にのり、変動金利で住宅ローンを組んで頂いた。
そして現在短期プライムレート1.475%
当時優遇金利1%で1.375%のお客様は3回目の見直しで支払い金利1%どころか0.5%といったところか…きっとあの時の私の「固定金利すか?」を察してくれて今頃感謝してくれているだろう
そんな余韻の最中、最近同じ質問があった
変動金利?固定金利?…同様に5年後の金利や社会情勢は誰にも分からないと伝えた上で
「固定金利1%なら、変動金利で金利が0%になって悔しくても1%だけの違いですし、お金を借りてお金が貰える時代がきてもくすぐったいです私なら」と…
そもそも金利が安いからの買物は間違っている
金利が安くても物件が高ければ意味がない
今なら買えるから、支払えるからの買物は不動産屋や銀行の思うツボである
同様に銀行から金を引っ張りまくって最近三宮のテナントビルを買いまくっている業者がいるがそんなものはキャッシュフローでも何でもない
銀行に名義を貸して利用されているだけでちょっとしたリスクにさえ耐えれずに銀行に物件を取られて微々たるお金を抱えて裸にされるだけが見えている。金利が高くても、値段が上がるはず、金利が安いから、値段が高くても…
そもそも銀行とは他人のふんどしで…止めておこう 私は銀行に何の恨みもありません
キャッシュフロー、テコの原理、資産を他人の金で買う…アメリカじゃねーから。
金利が安いから買い時…じゃないです 今は。
完全に売り時です。賢い人は3、4年前に安く購入した物件を丁寧に高値で2019年まで計画でさばいてます。実際都市部では10年前に中古で買った物件が10年前より高値売却続出です
今買うなら、買えるからではなく慎重に値段を考えて購入しましょう!
今売るなら、こんなタイミングないですよ とは言いませんが…察して下さい
※あくまで私の個人感覚ですので叱らないで下さい

ご相談や査定(無料)
だけでも大歓迎!
お気軽にご連絡ください。

お急ぎの方はお電話ください。
営業時間:平日10:00 〜 21:00

士業の方、不動産業者の方のご連絡も
お待ちしております。